すのこで作ろう

まだ私が手作り生活どっぷりでなかった頃のものです。
じいちゃんの事務のお手伝いをする都合上、伝票や領収書をお片づけする工夫から
雑誌で見た「すのこ工作」をやってみました。

c0067118_14311231.jpg

ただ「すのこ」を縦半分に切っただけのもの。
一時はれんがと組み合わせて棚板に使ってた事もあります。


c0067118_1432242.jpg
当時としては上出来 (^^ゞ
すのこ2枚で出来てます。
上手く組み合わせてポケットを何段もつくりました。
今は市販のイーゼルに乗せてます。

その頃はのこぎりを引くのがせいいいっぱい。
塗料といえばペンキかニスしか知らなかった。
何年後かに自分が電動工具を使う人になるなんて想像もしなかったなあ。

ただ、好きなテイストや色合いは昔からずーっと変わってないようです。



ところで、最近お手軽価格ですのこが手に入るようになりました。
サイズも豊富。
女性による「すのこ工作」も情報豊富になりました。
チャレンジのチャンスです。 (^o^)/

ただ、ご注意。
押入れすのこは非常に弱い!
さすがに価格に応じた品質です。
目的に応じた材料かどうかをお店で十分吟味しましょう。
いきなり釘を打ったら板がまっぷたつ・・・なんてザラだと心得えましょうね~(^^ゞ
昔の「すのこ」は頑丈だったのよ~。
その分今より少々高価だったし 重~いんです。


c0067118_1446442.jpg目や耳から入る情報、ノウハウが豊富になってどこかに何かを習いにいかなくてもどうにかなる時代です。
でも、結局 「やってみなければわからない」です。
「習うより真似ろ」「習うより慣れろ」です。
[PR]
by MUSUCARI | 2005-07-30 14:54 | 板 枝 木
<< 播州素麺 「揖保の糸」 ベランダガーデニングの実態 >>