テクノポリス

ぼんと私の夏の定番デートコース、「播磨科学公園都市」です。

去年ぼんが目覚めた、「青少年のための科学の祭典」。
「はりま会場大会2005」に行ってきました。

c0067118_19541366.jpg
ここは「播磨科学公園都市」=テクノポリス 内、「兵庫立先端科学技術支援センター」。
科学の「不思議」を子供達に身近に体験させてくれるために科学や物理に携わる、各団体主催の 工作教室や実験コーナーが盛りだくさんの会場です。

c0067118_2002749.jpg
中でも人気の「二足歩行ロボット」。 (兵庫県立相生産業高等学校 電気科)
高校生のお兄さん達が実際にリモコンを操作してとてもデリケートな動きを再現して
会場は「おお~っ!」の歓声。

不思議な植物や 光の謎、電気のしくみ 等等・・・大人の私達も感動の世界です。

c0067118_205463.jpg
テクノポリス内は かの有名な建築家のデザインによる斬新な建物やオブジェを味わう事ができます。
ただ、「○○さんのデザインなんだって」だけで終わるのは意味がない。実際にその建物がみんなの役に立って、慣れ親しまれる・・・そうなる時が来るんだろうか・・・。
当初はそんな事を思ったものですが、毎年テクノポリスに遊びに行って「うーん、だんだん地に着いてきたんじゃないかなあ」と感じるようになってきました。

  播磨科学公園都市についてはこちら

c0067118_2018535.jpg最先端の技術、日々の生活で実感する事はあまりないけれど知らず知らずにその恩恵を受けてる。 本当にそれを求めてる人が世界中にたくさん居る。 技術は人を助けるためのものであってほしいと思います。
がんばれ 次の世代たち!
[PR]
by MUSUCARI | 2005-08-13 20:24 | お散歩
<< 脇腹のお肉をなんとかしたい。 「玄関に散乱する靴をなんとかしたい」 >>