泣かせてほしい貴女へ

わたくしが泣かせてさしあげましょう!
・・・あ、いや 「マイケル・ボルトンが」でした。 (^^ゞ

c0067118_195587.jpg


CDを購入する時、お目当ての一枚やアーティストを求めてお店へ・・という時と
なんとなく「これ、よさそう」という時があります。

私場合、マイケル・ボルトンに関してはカンペキに後者。
そしていつの間にか彼のアルバムは4枚に。
中でも一番好きなのは「Timeless」というタイトルのアルバムです。
誰もがどこかで耳にしたメロディをあのかすれた声が哀しく唄いあげます。

先日山椒魚さん
「このCDはなあに?」とおっしゃってたアルバムは
「Soul Provider」というタイトルです。
「魂の救済者(Soul Provider)、マイケル・ボルトンが、人々の心を癒しに帰ってきた」・・・という帯。
ゲストに ケニー・Gが加わってるだけあって、「都会の夜」のイメージです。

これで貴女も泣けること間違い無し!
・・・って言いながら、「んっ? 泣けるのは女性なのか? 男性はどう?」と思いました。
音楽に男性も女性もない事はよくわかってますが、それでも女性心をくすぐるとか男性心をくすぐる・・・ていうツボはあると思うんです。

男らしい (ーー;)私も さすがに女性なので「男性心」は謎です。
男性がふと泣きたくなるアーティストって、どんな人(グループ)なんでしょうか。


c0067118_19214092.jpg関西弁で言うところの「うれしがり」な私ですから、毎日オモロイ事ばかり。
お伝えしたい事は山ほどあります。
一日一回の投稿ではとても追いつかず、今日のような騒がしい投稿になりました。
あ~、爆笑話しがあるのにー・・・(爆笑なのは私だけかな)
[PR]
by MUSUCARI | 2005-08-31 19:25 | 音楽
<< 愛しき隣人たち 小物収納 >>