夏休みの工作 3年生

ご報告が遅くなりましたが、ぼんの工作が完成しています。

c0067118_9175747.jpg



3年生になると ついている方は少し楽になってきました。

何を作るか そして その方法 を相談 → 材料調達 → 制作あるのみ。

「一年一技術」を ふたりで決めていました。
今までに 「カナヅチ」「ドライバー」ときていますから今年は「ノコギリ」です。

発泡シスチロールの土台(カッターで形にカットしました)に部屋にたんまりある
シナベニヤの端切れを ひとつひとつ都合の良いサイズにノコギリで切って、
「発泡スチロールのり」で貼り付けていきます。
気が遠くなるほどの単純作業、絶対無理だと思っていたら 
意外と楽しそうにやっているからびっくり・・・あはは。

全部貼り終えてから ヤスリがけをしてニスを塗ります。

最後に帆をつけて完成。


母は ノコギリの使い方を最初にいくらか教えて 後はその都度わからないところをアドバイスしながら なんとか手を加えずに 完成まで 見守りました。
本人なりの 譲れないディテールもあったようです。


まだまだ 荒っぽいけど どうやら ノコギリと親しめるようになったみたい。
来年はいよいよ電動工具に手を染めるそうですよ~。


「オレは○○が使える」・・・これは鼻の穴が広がるような自信になるようです。
[PR]
by MUSUCARI | 2007-08-28 09:33 | 日々の事
<< ぼんの忘れ物 通天閣 >>