「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:板 枝 木( 90 )

木っ端フレーム

木っ端で作ったフレームです。

c0067118_16594199.jpg



小さな木っ端も

元はと言えば 大木です。



[PR]
by musucari | 2014-09-02 16:57 | 板 枝 木

アクセサリー・スタンド

アクセサリー・スタンドのご注文をいただく事が時々あります。

一口にアクセサリーと言っても いろいろ・・・。

今回はピアスの管理がテーマです。

c0067118_14411812.jpg


ワインのコルクに突き刺す方法は

ご注文下さったお客様からいただいたアイデアです。

なるほどー!

皆様からいただくアイデアにはいつも目からウロコでございます。

感謝感謝。



写真の作品はお渡しの約束ですが、

その他アクセサリー・スタンド 小品は

MUSUCARI BREEZE 自宅ショップでご覧いただけます。

1/16,1/28の営業をお楽しみに。
[PR]
by musucari | 2014-01-13 14:46 | 板 枝 木

クリスマス・グッズ

今年は たくさんではありませんが、クリスマス・グッズを作っています。


c0067118_1650772.jpg


手始めは 素朴なボードから。

シンプルな大人のお部屋にいかがでしょうか。


MUSUCARI BREEZEのクリスマス・グッズは
自然のままの素材、もしくは完成までにかなり時間を要するため、
たくさん作る事ができません。
出会った時がお求め時です。
[PR]
by musucari | 2013-11-18 16:56 | 板 枝 木

「Pargolo」

大阪 阪神なんば線、「千鳥橋」という駅から徒歩一分のところに

新しいイタリアンのお店が出来るんだそうです。

「ピッツェリアとトラットリアが一緒になった」というイメージのお店なんですって。

美味しいお料理もピッツァもいただけるって事。


実はそちらのお店から MUSUCARI BREEZEの「木のバインダー」をご注文いただき、

お送りしたところなのです。


c0067118_1255223.jpg


長年の努力の末、夢を叶えた「Pargolo」さんの オープンに

こんな形で少しでも関われたことに 感謝しています。


準備におおわらわの中、届けてくださったお写真は
c0067118_1395988.jpg


ピッツァの釜ですね!

迫力!

これは 美味しいに違いないわ!



2013.3.27(wed)  OPEN

「Pargolo」

イタリア語の方言のようなもので「小さい子供」という意味。

住所:此花区四貫島1丁目1-39
電話:06-6464-0651

ランチ:12時~14:00(L.O)  
ディナー:18:00~22:00(L.O)
当面は不定休です。



私もいつか お食事に伺ってみようと思ってます。

皆様は 一足お先にどうぞ。
[PR]
by musucari | 2013-03-25 13:16 | 板 枝 木

手作りの額

1月に 「カフェ・カルフール」で開催された 「柴田かおり 写真展」で

素敵な薔薇の写真を購入された方からのご依頼をいただいていました。


私のお役目は 「額」です。

c0067118_161956.jpg


全てお任せで・・・。






近くで見るとこうなってます。

c0067118_16205280.jpg


自然な感じに角を彫って 花びらの柔らかさに溶け込む額にしてみました。



素敵な薔薇を生かす仕上がりになったでしょうか。


お渡しする日が楽しみです。
[PR]
by MUSUCARI | 2013-03-12 16:23 | 板 枝 木

木のメモ・バインダー

古くから定番として作り続けている木のバインダー。

今回は
ハガキサイズとA7サイズです。
c0067118_15255712.jpg


先日壁掛けタイプのご注文をいただいて、
「そう言えば初期の頃には壁掛けタイプを作ってたなあ。」
と 懐かしく思い出しました。

壁掛けタイプとそうでないタイプ、
お使いになる方に選んでいただけるようにしようかな・・・
と考え中です。
[PR]
by musucari | 2013-03-05 15:31 | 板 枝 木

「おとなの積み木」

MUSUCARI BREEZEの思いがけない作品を「癒し系」と言っていただくことがあります。


今日は 正真正銘の 「癒しぐっず」・・・のつもり。

c0067118_18264462.jpg


小さな木のおうちです。

今までにいろんな材料で「おうち」を作ってきましたが 

今回は 「手づくり家具工房 GAKU」さんのところから来た「木」です。

白っぽいのはたぶん「タモ」。

黒っぽいのはなんだろう。

今度GAKUさんにお聞きしてみよう。



四角と三角を あえて接着していません。

それは あなたの手で 屋根を乗せることが大切だからです。

その時の 木の感触は 無意識のうちにあなたの気持ちが やわらかくなるはず。

小さいものですから 丁寧に 乗せる時のちょっとした集中が 実は頭と心に 良いはず。



「オトナの積み木」とでも呼びましょうか。

何軒か お手元に置いて 思いのままに並べてみてください。

小さな街をお楽しみください。
[PR]
by MUSUCARI | 2012-11-17 18:33 | 板 枝 木

幸せは 案外近くにあるものだと言います。

私の場合もそうです。


c0067118_0145059.jpg


我が家にもう何年もごろんと転がっていた 「欅」(ケヤキ)。



革を扱うときには欅の木っ端を愛用していましたが、

いつも当たり前のように目の前にあった この欅に 何故気づかなかったのでしょう。

「欅」が私の作業と相性の良い理由は

企業秘密ですので ここでは控えさせていただきます。

とにかく 目的もなく 「好き」という理由だけで 手に入れた この欅、

この方と一緒に作業ができる幸せはもう、「光栄」にも似た感覚です。
[PR]
by MUSUCARI | 2012-07-19 00:21 | 板 枝 木

幸せは 案外近くにあるものだと言います。

私の場合もそうです。


c0067118_0145059.jpg


我が家にもう何年もごろんと転がっていた 「欅」(ケヤキ)。



革を扱うときには欅の木っ端を愛用していましたが、

いつも当たり前のように目の前にあった この欅に 何故気づかなかったのでしょう。

「欅」が私の作業と相性の良い理由は

企業秘密ですので ここでは控えさせていただきます。

とにかく 目的もなく 「好き」という理由だけで 手に入れた この欅、

この方と一緒に作業ができる幸せはもう、「光栄」にも似た感覚です。
[PR]
by MUSUCARI | 2012-07-19 00:21 | 板 枝 木

フォト・スタイリスト

「フォト・スタイリスト」というお仕事があります。

心をこめて 作りあげた作品を より生き生きと写真に収めるには 
もちろん写真を上手に撮ることも ポイントなのですが 
一枚の写真として 演出する テクニックというものがあるんだそうです。

そういうことをトータルに教えてくれる先生がいらっしゃいます。

フラワー・アレンジと フォト・スタイリングのお教室をなさっている 
「Hanagumi Flowers」の 船積 優子さん。

ご縁があって そちらで撮影の際にお使いいただける 小道具を作らせていただいています。

c0067118_7544395.jpg


写真を ある日の 船積先生のblogから拝借しました。
どこの部分が MUSUCARI BREEZE作かは おわかりの方にはおわかりかと。


ちょっとしたことで 写真の印象がずいぶん変わるようです。
先生とお近づきになれて おしゃべりの中で学ぶことがたくさんあります。
ご縁に感謝、気さくにお話しくださる先生に感謝です。


Hanagumi Flowers
[PR]
by MUSUCARI | 2012-07-17 07:59 | 板 枝 木