<   2005年 07月 ( 37 )   > この月の画像一覧

播州素麺 「揖保の糸」

            「素麺バチ」
c0067118_17212144.jpg
      



空気さえ凍る中、素麺は作られます。
延ばして延ばして延ばして・・・・
播州素麺「揖保の糸」は少し細め。
この味と食感で育ったようなもんです。

その極限まで細く延ばした素麺を綺麗にカットした、いわば「耳」の部分を
「バチ」といいます。
写真下にぱらぱらと何本かあるかけらをごらんください。
三味線のバチに似てるでしょう?
そこから「バチ」と呼ばれるようになったんだって。

播州地方ではこの「バチ」はとても重宝がられます。
私はさっと茹でてお味噌汁の具にするのが好き。
他の方はどんな風にお料理に生かしてらっしゃるのか、知りたいですー。

中には「バチ」が素麺の味のイチバン濃いところ・・・という声も。
うん、私もそんな気がする。
播州地方には ほんとに美味しいものがた~くさんあるなあ。


c0067118_172377.jpg私の知る素麺はこの「揖保の糸」と「三輪素麺」だけです。
きっと全国にはいろんな種類のご当地素麺があるんだろうなあ。
そのどこででも「素麺バチ」は親しまれてるのかなあ。
[PR]
by MUSUCARI | 2005-07-31 17:26 | お散歩

すのこで作ろう

まだ私が手作り生活どっぷりでなかった頃のものです。
じいちゃんの事務のお手伝いをする都合上、伝票や領収書をお片づけする工夫から
雑誌で見た「すのこ工作」をやってみました。

c0067118_14311231.jpg

ただ「すのこ」を縦半分に切っただけのもの。
一時はれんがと組み合わせて棚板に使ってた事もあります。


c0067118_1432242.jpg
当時としては上出来 (^^ゞ
すのこ2枚で出来てます。
上手く組み合わせてポケットを何段もつくりました。
今は市販のイーゼルに乗せてます。

その頃はのこぎりを引くのがせいいいっぱい。
塗料といえばペンキかニスしか知らなかった。
何年後かに自分が電動工具を使う人になるなんて想像もしなかったなあ。

ただ、好きなテイストや色合いは昔からずーっと変わってないようです。



ところで、最近お手軽価格ですのこが手に入るようになりました。
サイズも豊富。
女性による「すのこ工作」も情報豊富になりました。
チャレンジのチャンスです。 (^o^)/

ただ、ご注意。
押入れすのこは非常に弱い!
さすがに価格に応じた品質です。
目的に応じた材料かどうかをお店で十分吟味しましょう。
いきなり釘を打ったら板がまっぷたつ・・・なんてザラだと心得えましょうね~(^^ゞ
昔の「すのこ」は頑丈だったのよ~。
その分今より少々高価だったし 重~いんです。


c0067118_1446442.jpg目や耳から入る情報、ノウハウが豊富になってどこかに何かを習いにいかなくてもどうにかなる時代です。
でも、結局 「やってみなければわからない」です。
「習うより真似ろ」「習うより慣れろ」です。
[PR]
by MUSUCARI | 2005-07-30 14:54 | 板 枝 木

ベランダガーデニングの実態

ベランダガーデニング、本やテレビのように簡単にはいかないもんです。

c0067118_17181816.jpg
このお宅は「ベランダガーデニングを楽しむためのマンション」という魅力に惹かれて購入。
その後、生活もひととおり落ち着かれて
「いよいよガーデニング・・・」という段階で私にS.O.Sです。
造園業者に見積もりをお願いしたところ、回答金額がなんと、100万円!
驚いて「なんとかして~」というわけです。

広さは約3m×11mのうち、半分は洗濯物を干すスペースに。残りの半分でガーデニングを楽しみたいという奥様。
見積もり金額を聞いて 夢が砕ける想い・・・。

ベランダガーデニングに手をつける前に依頼者にお聞きしている大切なことが何点かあります。

  1. どの程度の工事を希望されるか。
       (基礎工事が必要なら私の手には負えないので専門業者をご紹介)
  2. 一年を通して
      *日当たりは
      *風の向き、当たりぐあいは
      *温度と湿度のぐあいは
      *雨のかかりぐあいは
      *排水、降雨量の多いときに溝にはどの位の雨水が流れてた?
      *雨水がどこをどう通って排水溝に到達してた?
      *ごみの内容と量は
      *サッシ周りの汚れの内容と程度
      *お掃除の方法と頻度
      *耐重度
  3. 費やせる工事費用
  4. 費用を節約するために自分が汗を流す決意はあるか
等など、かなり立ち入ったライフスタイルやご家族の事に関してお尋ねする事もあります。

あとは材質やデザインに対するこだわりですが、それは実際問題二の次。
本当に大切なのは上にあげた数々です。
私はガーデニングの専門家ではないのですが、女性の立場と経験からこれらの事を考えた上で、それでもとご希望の方にだけアドバイスを差し上げることにしています。
この時点で「な~んだ、もっと簡単でオシャレなもんだと思ってたわ~。」と断念・・・という方も多いんです。

見た目重視で着工してしまうと後々大変な事になります。
最低一年以上ご家族のライフスタイルとベランダとその周辺の様子を見てからでなければ決断するべきではないと感じます。


c0067118_17425467.jpg写真のお宅は採寸終了。規格のウッドデッキをご自分で購入してこられることに決まりました。
その後設置と周辺の大工仕事を私とふたりで手作り・・・。
さてさて、どんな素敵な風景をお作りになるでしょうか。
       
[PR]
by MUSUCARI | 2005-07-29 17:53 | 作業の独り言

「オリジナル」

c0067118_21124181.jpg

先日の「はつぷー」さんのお宅拝見の記事をご覧になって
「私もあんなの作ってみた~い」といらっしゃった生徒さんがありました。
作り手のお隣に座って 作ってお見せしながら制作を進めていく事がよくあります。

この日は私はフレームだけを作りました。
このフレームをフォトフレームにしたり、「はつぷー」さんの様にグリーンを飾ったり、鏡をセットしたり・・・アレンジの原型になるものです。

ところで 「はつぷー」さんともお話ししてたんですが、
「オリジナル」という事について 頭を抱えてしまう事があります。
例えばこの「フレーム」、近所の雑貨やさんの「作家さんコーナー」で売られています。
「はつぷー」さんは「自分のお部屋に飾るために真似っこしたの~」 です。
私はまたまたそれを「真似っこ」です。
・・・・これじゃあ、あの「作家さんに気の毒」・・・と、考えながら 勉強のためにあれこれネット検索していたら、似たような感じの物をお作りの方が結構いらっしゃる。 個人の楽しみのための方も、ネット販売の方も。

こうなると、「じゃあ、オリジナルって・・・・???」と頭がこんがらがってきます。
「著作権」とかいう問題に至るかどうかはよくわかりませんが、なんだか判然としないものがあります。


c0067118_21265454.jpg ただ私にできる誠意といえはば、その作品が完全に自分のオリジナルであるか、それともどなたかの作品を参考にさせていただいたか・・・それをはっきりと口にする事かなあ・・・と考えます。
[PR]
by MUSUCARI | 2005-07-28 21:33 | ワイヤークラフト

オーブン粘土 FIMOで遊ぶ

   
         「ひとりじゃないね。」
c0067118_1522049.jpg




    「制服のちいさいお人形」はぼんのリクエスト。(身長約2cm)
     眺めてるとなんとなく寂しげなのでお友達を作ってあげました。
     これでもう、ひとりじゃないね。



FIMOを使った ネームプレートをホームページ「小さな手作り工房 MUSUCARI BREEZEのprivateのページに掲載しています。
[PR]
by MUSUCARI | 2005-07-27 15:11 | オーブン粘土

私の遊び場

私のお気に入りの遊び場はここです。

c0067118_1722429.jpg

お粗末な撮影で お恥ずかしい (^^ゞ

これは じいちゃんの工具置き場なんです。
用事があってもなくても ここにしょっちゅう来てます。
こんなに乱雑に見えても使う人達(じいちゃんと職人さん達)にとっては
「片付けてある」
なんです。 どんなに小さな物でも位置を替えると大変。えへへ

サウナのように暑い工具置き場に潜り込んで 
専門の道具をあれこれいじってみる。
そしてじいちゃんに「これなあに?」「どうやって使うの?」「やってみて」「やらせて」・・・・・これが楽しくて楽しくてたまりません。
何時間でも飽きずにここで遊んで居られます。
(ふと気がつくとここで居眠りしてた事さえあったり・・・)

じいちゃんの愛用の道具を使わせてもらえる時なんかはとーっても幸せ。
「これは何本もあるから 持って帰って使え」
と私の宝物になったものもいくつか・・・(*^_^*)

最近じいちゃんは「ノコギリ」を「ナイフ」(どうみても刀)に変身させちゃって、
「これなら大きなスイカもイッパツや」
とご満悦・・・。
私があまりにその「刀」を撫でまわしてるもんだから 
「お前のんも作ったろか」
だって~! やったあ!

        

       「盗撮 昨日のじいちゃん」
c0067118_17202432.jpg

     「青じそ、細く刻んでなんにでもまぶして食え。」
     「はあ~い」
[PR]
by MUSUCARI | 2005-07-26 17:27 | お散歩

カラフル オーブン粘土 FIMO

可愛らしい作品をどうぞ。 生徒さん達のものです。
c0067118_22462373.jpg

みなさんの画面にどんな風に映ってるか心配です。
こんなに小さなものをドタバタと、しかも携帯電話で撮影したものですから・・・。

左は少女の髪を結ぶゴム。
「ぶたさん」・・・何故か単純に「ブタ」と呼びたくない可愛さ (*^_^*)
右はストラップ。 ほんとは「くまさん」がとても優しい顔をしてるのをお見せできればよかったのにとザンネンです。

これはどちらも「オーブン粘土」というもので作ってます。
「オーブン粘土FIMO」ってこんなモノ
こんなにカラフルで 自由自在にいろんなものを作れる。
しかも、使った残りが乾燥してかちんこちんになる事無くいつでも使える・・。
スゴい素材だと思います。

我が家では「からふる粘土」と呼んで、お手軽に楽しませてもらってます。
次回は私の作品も見てやってくださいね (^o^)/
[PR]
by MUSUCARI | 2005-07-25 23:08 | オーブン粘土

シンプル かつ 機能的な照明 ここにあり

c0067118_12175256.jpg


いえいえ、大真面目です。
工事現場などでよくお目にかかるライトです。

私の作業部屋は 入居の時に家族にお仕着せられた 愛想もくそもないシーリングライトがついています。
それはそれで明るくて良いのですが、落ち着くモードにはなれません。
私の好みとしては レトロなブリキとか裸電球。
でも、それだけにしてしまうと暗すぎて作業には不都合。

  照らす時にはガンガンに。
  でも、裸電球の色。
  デザインは究極のシンプル。
  配線工事不要。

実はこの条件を満たすライトを長い間探してきました。
それはまさに 
 
  「じいちゃんの所にある工事用ライト」

さすがに現役のライトを「ちょーだーい」とねだるわけにもいかず、諦めて購入。
想像以上に素敵です~ (*^_^*)
これで 深夜も可愛い工具に囲まれてラジカセから流れるスタンダードを楽しめるぞっ(^^♪
   
  あはは、「夜更かしは程ほどに」・・・でしょ? は~い。




           早起きのご褒美

c0067118_12512084.jpg大輪の朝顔ももちろん綺麗だけど、開くまえのこの瞬間に心奪われます。
指先でそーっと捻ったような蕾。
どんな造形物もかなわない。
10時頃にはすっかり花開いてました。
なんだかとっても素敵な秘密を見つけた気分。
[PR]
by MUSUCARI | 2005-07-24 13:05 | コーヒーのお供

姫はおかんむり


最近姫のおかんむりな理由

 姫の名前は「くりーむ」
 9歳のチンチラ(ペルシャ猫の一種)です。

c0067118_182888.jpg


この季節になるとお母様はなんだかわからないお道具を持って私を追いかけまわすんですもの。
お昼寝さえ落ち着いてしていられないんだから。
だいたい私はゴージャスなふわふわの足元まで隠れる長さのヘアスタイルがご自慢なのに、こーんな姿にされちゃって・・・。
まるで胴長短足みたいじゃないの。
お客様たちも私の姿をご覧になって吹き出してしまうんだから・・。
ほんとにプライドガタガタでございますの。
もう お母様なんて、絶交!


「だってねだってね、春の終わり頃から 毛の抜け変わるシーズンにはいって
放っておいたら全身毛玉だらけ。お部屋の中も抜けた毛で大変な事になるんだもの・・・
機嫌を直してあともう少し、お腹周りをきれいにしてあげるからおとなしくしてね」

  
[PR]
by MUSUCARI | 2005-07-23 18:40 | コーヒーのお供

お宅拝見

その方との出会いは なんだか「男女交際」のようなオモシロさでした。
  「この近所にビーズの達人がいるからmusucariさん、会ってみなよ。」
  「musucariさんに会いたくて仕方ない人がいるよ。」
そんな風に周囲のいろんな方からお噂は伺ってました。
「んっ???」と思ってたんですが、やっと「出会い」が実現したのは以前にこのblogでもご紹介した、「手作り教室」が縁でした。

その後 何度も我が家に来てくださってたんですが、今回はやっとお互いの時間の都合がついて晴れて私の方からお宅に伺う事ができました。

c0067118_14535978.jpg

それは我が家のすぐ側の、周囲の羨望の的となったマンション。
「今」を意識したデザインが細部にまで至る、女性なら「一度は暮らしてみたい」イタリアン・シンプル・・・とでも呼びましょうか。

c0067118_14581579.jpg

玄関先です。
何度も我が家に来てくださって、意欲的にご質問。
そして 即実行。

「ワイヤークラフトに彩色する」という事で以前からお作りになってたワイヤークラフトがぐっとインテリアに映える効果が・・・とおっしゃいます。



c0067118_155217.jpg 

お素麺の木箱に色を塗ったもの。
色を塗り重ねて味を出しています。
この後、これに敢えて傷をつけて「レトロな感じ」を出すご予定。


我が家の「小石の猫」(5/16blog)をヒントに河原に石を拾いにいらっしゃったそうです。
このイラスト、とってもお上手でびっくり!




「怪獣の卵」だ!
NHK教育テレビ、「暮らしの手帖」で紹介してたそうなんですよ。







私 これ、とっても気に入っちゃいました!
シンプルさが素敵!
ちょっとしたアイデアで本来お料理に使う道具もこんなにおしゃれ。



c0067118_15164910.jpg
驚いたのはコレです。
食器棚の中のシート。
ピンクの柄はご自分で刺繍。
縁取りのレースもつけて ・・・。
なんと優しい感じなんでしょう!




c0067118_15183112.jpg

ご紹介が最後になってしまってごめんなさい。
これまで作ってこられたビーズアクセサリーのコレクションです。





元来とってもマメで器用な方なんでしょうね。
そして、「これ、イイ」と思ったらとにかくやってみる。
質問なさるひたむきで、外見も「女性らしさ」の鏡・・・という感じの 魅力的な女性です。

当blogでご紹介したいんだけど、なんとお呼びすればいいかとお聞きしたら、
「はつぷー」・・・だって~ (*^_^*)
おいおい、「ぷー」ってイメージじゃないよ。
貴女はどう見ても「マドモアゼル」風ですから~・・・(>_<)
[PR]
by MUSUCARI | 2005-07-22 15:33 | コーヒーのお供