<   2005年 08月 ( 36 )   > この月の画像一覧

「夏休みの課題」 私の場合

「お盆の間に挑戦しよう。」と決めた事。
それは「はんだ」です。
たまたま見つけたアイアンじいさんの作業日誌というblog、そこには以前から私が知りたいと思ってた事がいっぱいでした。
そして、繰り返し読んで読んで読んでメモを取って・・・ついに挑戦。

c0067118_19413835.jpg
ホームセンターのおじさんをてこずらせて道具を購入。
いよいよ初めてのはんだです。

c0067118_1945717.jpgうわ~い、難しいぞ~!!
「ねたくる」が出来ないやん~!
溶かしたはんだが逃げて行っちゃうもん~! (>_<)

・・・などとギャーギャー叫びながら
「あれ、くっついた・・」



一度くっついたら嬉しくてたまりません。
なにか形のあるものを作りたい。

c0067118_1949727.jpg
そしてこんなのを作ってみました。
・・・でも、これって・・・・・・・・・・・・・・・・・・何??? (^^ゞ
とにかくくっつけたくて何も考えずに作っちゃったものですから・・・。




まっ、いいか。
とりあえず、石鹸でも乗せてみようかー。
c0067118_1952238.jpg

でも、石鹸が小さくなったら・・・乗らないよなっ。


c0067118_19551258.jpgやってみたい事、あれこれ考えて迷って、調べて、いろんな方に尋ねて・・・手をつけるまでに随分時間のかかる事もあります。
でも、そのチャンスは思わぬ所にキラキラ輝いてこちらを見ててくれます。
[PR]
by MUSUCARI | 2005-08-15 20:00 | アイアン

脇腹のお肉をなんとかしたい。

以前に「シェイプアップ」についておしゃべりしてたのを思い出して・・・。

私自身がモデルになるとオソロシイものがあるので、今回は運動神経抜群のこの方にお願いいたしました。
c0067118_14291991.jpg


「ウエストのくびれ」の秘訣は背筋にアリ。
腹筋運動は頑張りの割りに効果がなかなか現れないのでになってしまうのです。
この際先に背筋を鍛えて腰から脇腹にかけてすっきりさせましょう。

c0067118_1432353.jpg
まず、基本形です。
横向きに横になって上になった足をそのまま上に上げます。

そしてゆっくり降ろす。
この時、腰を少し前にひねった姿勢で行うをヒップアップ効果大。






c0067118_14365331.jpg

同じ要領で、今度は上げた足を直角に曲げてみましょう。



「伸ばして上げる」
   ↓
「上で曲げる」
   ↓
「曲げたまま降ろす」

この運動は最初は少しキツいかも・・でも
効いてるのがよくわかるでしょう?















c0067118_14412096.jpg
筋肉を引き締めた後には必ずゆっくり伸ばしてリラックス。
仰向けに寝て曲げた足を反対側にぺたんと付くまでゆっくり回します。
この時肩が上がってしまわないように。
ストレッチこそが トレーニングをより効果的にしてくれるのです。

各運動にかける時間は・・・。
私の場合はCDアルバムをSTART、一つの運動につき一曲。
このペースでリラックスして行います。
「何回」・・って数えると精神的に続かないから。


c0067118_14501058.jpg「効果がどの位で現れるか」とか「理論的にどうか」・・な~んて、なんの裏づけもありゃしません。 とにかく私にはこれがよいみたい。
脇腹をなんとかしたくて焦ってる方は一度お試しあれ~。

あはは、「ええ加減」な性格でごめんなさ~い!
[PR]
by MUSUCARI | 2005-08-14 14:55 | コーヒーのお供

テクノポリス

ぼんと私の夏の定番デートコース、「播磨科学公園都市」です。

去年ぼんが目覚めた、「青少年のための科学の祭典」。
「はりま会場大会2005」に行ってきました。

c0067118_19541366.jpg
ここは「播磨科学公園都市」=テクノポリス 内、「兵庫立先端科学技術支援センター」。
科学の「不思議」を子供達に身近に体験させてくれるために科学や物理に携わる、各団体主催の 工作教室や実験コーナーが盛りだくさんの会場です。

c0067118_2002749.jpg
中でも人気の「二足歩行ロボット」。 (兵庫県立相生産業高等学校 電気科)
高校生のお兄さん達が実際にリモコンを操作してとてもデリケートな動きを再現して
会場は「おお~っ!」の歓声。

不思議な植物や 光の謎、電気のしくみ 等等・・・大人の私達も感動の世界です。

c0067118_205463.jpg
テクノポリス内は かの有名な建築家のデザインによる斬新な建物やオブジェを味わう事ができます。
ただ、「○○さんのデザインなんだって」だけで終わるのは意味がない。実際にその建物がみんなの役に立って、慣れ親しまれる・・・そうなる時が来るんだろうか・・・。
当初はそんな事を思ったものですが、毎年テクノポリスに遊びに行って「うーん、だんだん地に着いてきたんじゃないかなあ」と感じるようになってきました。

  播磨科学公園都市についてはこちら

c0067118_2018535.jpg最先端の技術、日々の生活で実感する事はあまりないけれど知らず知らずにその恩恵を受けてる。 本当にそれを求めてる人が世界中にたくさん居る。 技術は人を助けるためのものであってほしいと思います。
がんばれ 次の世代たち!
[PR]
by MUSUCARI | 2005-08-13 20:24 | お散歩

「玄関に散乱する靴をなんとかしたい」

受注制作です。

玄関に脱いだ子供達の靴をちょいとお片づけしておく棚。
c0067118_1815991.jpg

靴を入れる中段 下段には傾斜を。
靴が滑り落ちないようにポールでストップ。
注文者のお家のフローリングとほぼ同じ色のステイン仕上げです。

c0067118_18515.jpg
「上段にはちょっとしたものを飾りたい」というご希望でした。
こんな感じでいかが~?


c0067118_1865710.jpgこちらのお宅には以前にカウンターに置くスパイスラックをお作りしました。 いわばリピーター。
この次には 玄関先に置くベンチのご注文をいただいてます。
[PR]
by MUSUCARI | 2005-08-12 18:11 | 板 枝 木

キッチンカウンター 改造計画

大物の登場だ~い!
・・・いやはや、ついに便利さに負けてしまいましたよ・・・。
「食器洗浄乾燥機」という物を買ってしまいました。

でもね、こうなると思ってたんです。
キッチンカウンターにで、で、で~~~ん!
それで満足するわけがないのです。

だから「キッチンカウンター改造計画」に突入です。

まずその1. スパイスラックを撤去したのでとにかく調味料を置く場所が無くなった・・・。
c0067118_2094553.jpg
えっ、どうなったかわからないー?

c0067118_20104862.jpg
少し近くに寄ってみるとこうです。
キッチン側からもご覧ください。
これなら視界の邪魔にもならずスッキリです。
次のステップに乞うご期待。

c0067118_2012631.jpg


少しだけ遊び心・・・小さな物を置ける幅を作ってみました。
ちょっとなにかを引っ掛けるには「桜の枝」・・・これは我が家の常識ですっ。








c0067118_20142861.jpgそしてこの食器洗浄乾燥機のおかげで 私も満足な睡眠時間が取れそうです。
もう夜中の家事でご心配おかけすることもなくなるかも~(^o^)/
[PR]
by MUSUCARI | 2005-08-11 20:23 | 板 枝 木

夏休み工作 「ぼん」

何日かかったでしょうか (^^ゞ
ぼんの工作です。
  
          「宇宙基地」
c0067118_19251062.jpg
箱時上部の穴から小銭を入れるとアルミのパイプをころころ転がってカーブ、左下の「宝の箱」に入る・・・という 「仕掛け貯金箱」です。


c0067118_19264989.jpg*普段から捨てずに置いていた材料。
 箱(大 小)、ラップの芯、桃の箱に入ってた白いふわふわ、 保冷シート、シャツの入ってた透明の袋

*このために使った材料。
 アクリル絵の具、アルミワイヤー、アルミホイル、両面テープ、紙粘土

*購入した材料
 アクリル板(ブルー)

*母が手伝った箇所
 カッターで箱を切り抜く
 ドリルでワイヤーを通す穴を開ける



どんな物を作りたいか、頭の中でイメージが固まるまで夜お布団の中でお話をいっぱいしました。
お金がうまく転がって「宝の箱」に入る工夫には脱帽。
水彩絵の具とは違う アクリル絵の具のMUSUCARI流使い方をいつの間にかマスターしているのに驚きました。




c0067118_1939384.jpg子供の集中力の限界は30~40分。 そろそろ電池が切れ始めたな・・・という所でさっとお片づけに入って「続きはまた明日ね」・・・これで完成までの持続力をつなぎましょう。
いやいや~、私だってわが子には「イ~っ (>_<)」となるんですよ。
[PR]
by MUSUCARI | 2005-08-10 19:45 | コーヒーのお供

木片は夢のおもちゃ

先日 山椒魚さんとの会話で「木片」の事が出たので、ちょっとご紹介。

c0067118_18205542.jpg
これは「木片」というよりほぼ奪い取られた私の「板」。
ぼんが最近なにやら楽しいものに取り組んでます。
何日かかるかわかりませんが、何ができるかお楽しみ。

c0067118_182291.jpg
こちらはぼん、5歳の作品(?)。
桧の木片にこんな文字(?)を描いてその気になってました。
私のツボにはまったのでおねだりして 作業部屋にぶら下げてます。

作業する私にいつもくっついてるので、彼のおもちゃは私のおもちゃと同じなんだな~・・・(^^ゞ

ところで こんな楽しいものを作ってらっしゃる「師匠」がいらっしゃいます。
その名は「GAKU」さん。
木工に関して丁寧、親切にアドバイスをくださるのでとても頼りにしてます。
説明はさておき、手作り家具屋のスローな日々をご覧ください。
[PR]
by MUSUCARI | 2005-08-10 18:31 | 板 枝 木

「ギャラリーと木の工房 円司」

週末 ぼんを連れてちょっとお勉強。

ここは姫路市 別所  「ギャラリーと木の工房 円司」
c0067118_15504173.jpg

最近拓けた・・って感じの ゆったりとしたお家の並ぶ一角です。
中は木の香りでほ~っ・・・
いろんな木で作られた家具や小物でいっぱいです。

c0067118_15525626.jpg

あいにくオーナーの宮川氏はお留守でしたが とっても上品で優しいお母上とおしゃべりが出来ました。

中の板一枚一枚を宮川氏がお一人で貼って完成されたと伺って感動。
ちょっぴり勇気をいただいて帰路につきました。

 ギャラリーと木の工房円司はこちら

c0067118_15564951.jpgひとつでも多くの物に触れる事が母の最高のお勉強だと思ってます。
とっても贅沢なひとときでした。
[PR]
by MUSUCARI | 2005-08-09 15:59 | お散歩

金魚に奪われた座

先日の地域の夏祭りの「金魚すくい」がきっかけで我が家に登場の「金魚」

c0067118_10581693.jpg
最初は大きな海苔のびんで泳いでたのに、「金魚すくい」の金魚は2日で死んでしまってそのうち何故かこんな水槽に新顔がはしゃぐように泳いでます。

あの~、ここは私のお気に入りのこーなーで・・・しかも・・・

c0067118_110273.jpg 






からまるコードをこーんなに工夫して スッキリさせて、大事な大事な自作の「欅」の間接照明がぴったり合うように長い間かけたコーナーなんですけど~・・・・・・・・・・(ーー;)

















・・・・でも 金魚たち、ぼんに4匹まとめて「4号達」(4匹いるからかっ!?)と名づけられて こマメなお世話を受けて 側でps睨む私に可愛く尻尾を振って寄ってきちゃうんですよね~・・・(^^ゞ

  うん、やっぱりキミ達にぴったりの場所だよ。

c0067118_1173399.jpg
・・・というわけで愛しい「欅」のライトはむなしくカーテンを照らす事に・・・

c0067118_118437.jpg
「コードの檻」は 私の作業部屋でリメイクされて、作業のときにちょっと腰掛けるちいさな台に・・・。
うんっ、やっぱり軽く釘打つだけにしておいて正解。
案外便利になっちゃった~ (^^ゞ


c0067118_11114218.jpg家族が生活する部屋、子供の成長やその時その時の事情に合わせてめまぐるしく変化していく・・・これが「生活」ってヤツなんでしょうね。
「生活感」というものを自分流に楽しんでいくのが「家」というものなのかもしれませんね・・・。
[PR]
by MUSUCARI | 2005-08-08 11:17 | コーヒーのお供

夏休み工作 5年生

pcのデータの中に残ってた、過去の作品です。
2003年 当時5年生の男子。

「うちのにいちゃんが時計を作りたいって言ってるのよ~。なんとかして~」という母のS.O.Sでした。
当時私も時計を作った事がなかったので、「一緒に作ろう」という事になりました。

「潜水艦」を描きたいという彼、
「う~ん・・・潜水艦って・・・」
インターネットで潜水艦をふたりでいっぱい検索。
そして決めたのがこのカタチでした。

c0067118_9453746.jpg
板の大きさは約50cm角。 (シナベニヤ)
貝殻や石ころは我が家では「常時在庫有り」の材料です。
ぼんとのデートで拾っていっぱい貯めこんでます。

学年に応じて作業の難易度を考えます。
彼にはじっくりヤスリがけからしてもらいました。
「実は几帳面」・・・という一面を発揮!

こんなに海の深みが出た色を出すのに2日かかりました。
納得いくまで妥協しない彼でした。 うーん、頼もしいゾ!
結局針が目立たなくなったけど、この際そんなの問題じゃないね。

c0067118_9531087.jpg
くっついてきた弟君は当時5歳。
石ころを動物に見立てて色を・・・可愛い動物園ができました。



c0067118_9552556.jpg一緒に作った「時計」がこれです。
大事な石ころを勝手に使ったと言ってぼんに散々泣かれた、問題の作です。(^^ゞ

*注  手作り時計のキット、最近では100円ショップでも手に入りますが、その針とムーブメントではこの二つの作品の板の厚みには対応不可能です。
針の軸が破損していたりコイルが断絶している不良品率もかなり高いのです。
せっかくだから 工作材料専門店でどうぞ・・・。 (この時は東急ハンズで購入)


c0067118_103498.jpgこの日、一日で仕上がらないというので 彼らふたりは我が家にお泊りする事になりました。
ぼんの面倒をみてくれて3人ではしゃぐお風呂 お布団・・・楽しそうだったなあ。
夜中に起き出したお兄ちゃんと作業中の私、ふたりで眠くなるまでおしゃべりしたっけ・・・。
後日「持って帰って見せたらお母さん、泣いてた」と聞かされました。
彼も今年は中学生。 引越しちゃったけど、頼りになる兄ちゃんになってるだろうなあ・・・。
[PR]
by MUSUCARI | 2005-08-07 10:12 | 作業の独り言