「ほっ」と。キャンペーン

<   2011年 08月 ( 26 )   > この月の画像一覧

「粋」

c0067118_2257522.jpg



先日のお客さまとの会話。


「大切なもの、自分のこだわりのものを 持ち歩くからには

それを取り出す姿にさえ こだわりたい。」

全く同感です。

現実には なかなかそこまで演出することは 難しかったりするのですが、

その方は

「そこまで自分を演出できないのなら その物を持ち歩くことを諦める。」

とおっしゃいます。


うーん、これこそ 「こだわり」。 

心の中で 拍手してしまいました。
[PR]
by MUSUCARI | 2011-08-31 23:06 | 牛革

サンプル

c0067118_23502488.jpg


私にとって馴染みのないもののオーダー、

オーダー主さまの想いが深い場合は特に

完成までにずいぶん時間をかけて

打ち合わせとサンプルに エネルギーを注ぎます。


違う革を使ってみたらどうだろう。

金具を使ってみたらどうなる?

一番 心地よいのは どれ?


打ち合わせの際の会話は 時には その方の世界観にまで広がります。


これだから 一品一品を手作りしたい。
[PR]
by MUSUCARI | 2011-08-31 00:00 | 牛革

POPなトート

c0067118_14212496.jpg


「カワイイ」がお好きな方には こんなお楽しみもご用意しています。

これ? 約12cm四方の 小さなトート。


もしも どこかで 出会ったら

「あらら」と 微笑んでやってください。



* 「男のお買い物袋」最新版、売り切れました。
  次のデザインをお作りしますので お楽しみに。


 
[PR]
by MUSUCARI | 2011-08-29 14:24 |

装備

c0067118_23114125.jpg



自分で使ってみて 良かった装備を 採用しています。


私のバッグをごらんになって

「それ、便利そう。 私のバッグにもつけてほしい。」

と装備だけを ご希望になる方もいらっしゃいます。


そういうトコロが手作りの良さだよね。
[PR]
by MUSUCARI | 2011-08-27 23:15 | 牛革

夏休みの暮らし

c0067118_1371234.jpg



ぼん社長、夏休みの宿題のチェックを 部活動顧問の先生から受けて

どうやら 「パス=提出可」 が出たようです。


部員全員の全宿題を細かくチェックして 書き落としなどがあれば

「ここ!」と 抜けなく見ていただけたようで

その 手厚いお世話に 驚きと同時に 母は大感謝しています。


思えば バスケット部に入部して以来、

何もわからず右往左往していたのに

この夏の成長には わが子ながら 目を見張るものがあります。

今では 顧問先生のおっしゃる事が全て。

先生のなさることは ぜーーーんぶ「カッコエエ」。

先生のおっしゃる事は「神の言葉」さながらに すとんと彼の胸に入るようです。

「先生の車って、めーーっちゃカコエエねん!」・・・と 車までがまるで「天馬」のように写っているよう。


微笑ましくも頼もしくも思いつつそんなぼん社長を見て、

子供達をここまでになさる先生の凄さに驚いています。





これが中学生活というものなのですね。 

先輩達にくっついて 初めての体験にドキドキ。

先生に怒鳴られながらも またそれもなんだか嬉しい。

キツさの中で 達成する喜びを知り、次につなげる。



感じるところの多い年代を このように 充実して送らせてもらえ、

この時期のこの経験は きっと彼の 一生の宝になることでしょう。

宿題の中で 笑っちゃうのがありました。
[PR]
by MUSUCARI | 2011-08-26 13:28 | 日々の事

介護認定

市の「長寿・介護保険課」に行ってきました。

スープの冷めない距離に越してきて2年の両親について相談です。

父 84歳、母 77歳。
父は 高血圧のため 内科通院、 股関節が悪いため整形外科通院。 爪水虫のため皮膚科通院。
    歩くのが 辛いのですが、杖をついて ごくゆっくり歩けます。
    
母は 心療内科通院。 歯のメンテナンスのため 歯科通院。
    内科的にも整形外科的にも歯科的にも 完璧な健康体。 
    ただ、気力が出ない。 全てをネガティブに考えるので 診療内科で安定剤をいただいています。

ふたりの通院は 全て私の送り迎えで間に合っています。

ふたりともこの年齢で この体調というのは ありがたいことです。
けれども 年齢に応じて身体の老化は否めません。

夕食は毎日買出しから始まって私が作って届けていたのですが、 私のほうが時間的にも体力的にも
このままではいけないと 最近になって 老人向けの 宅配夕食お弁当を契約しました。
(お弁当の「量が足りない。」というぐらいの元気もの。)


こういう状態の老夫婦。
客観的に見て「介護」の必要は無いと思われます。

でも、避けられないのは 精神的なケア。
ふたりで 自宅にこもりっきり。
外部の人と接触を持って ストレス発散、脳のトレーニングが必要だと思います。
あれこれ 公民館や地域の講座や交流を勧めたのですが、全て拒否。
「どうせそんなん行ってもわからへん。」
「人の会話について行けるはずがない。」
という理由です。


c0067118_14373872.jpg


こういう年寄りが 「介護」と名の付く施設を利用することはできるのでしょうか。
そういう相談に 市役所を訪れたわけです。

答えはこうでした。


まずは それぞれにかかりつけの医師に「意見書」を書いていただいたりする手続きを踏んで
介護認定を申請。

その後 認定の係りが本人を訪問、判断して 認定。

「級」が認定されれば その級に応じた介護を受けることができる。

一番軽い「1級」にも認定されなければ「否認定」ということになります。

「非認定」になったからといって 悲観することはありません。

「非認定」の人には それに応じたサービスを受けたり、施設を利用したりすることができ、
それは市の「長寿・介護保険課」が紹介してくれます。

その紹介の中から 本人の希望に応じたところやサービスを選ぶことができます。

まずは 「認定」。
そこから始まるんだそうです。


なるほど。 それを聞いて安心しました。
両親が 何か 楽しみをみつけてくれたら・・・。



こんなご家族は私のところ以外にもたくさんいらっしゃると思います。

本人も 家族も 笑顔で過ごせたら幸せですね。


早速両親に説明したら
「安心した」と申しております。


・・・で・・・
「知らん人と話しするのは やだ。」

「決まった時間に決まった所に行くのはやだ。」

という結論・・・あはは。


まっ、いいでしょう。

こういう事は 「気が向いたら」でいいんじゃないでしょうか。

「お友達作れば楽しいのに」と思うのは元気な私達の考え。
本人にしかわからない 精神的な負担もあるのでしょう。

無理強いせずに 二人の健康を 喜びましょう。

そのうち

「あのなあ・・・アレ、なにしてみようかなあ。」と 言ってくるかもしれません。
[PR]
by MUSUCARI | 2011-08-24 14:54 | 日々の事

ワイヤー・ギャラリー kawaii

c0067118_10564067.jpg



ノートの端っこに 落書きするように

ワイヤーを使って いたずら描きをいたします。


「ねえねえ、トンボ作って」と リクエストをいただきます。

鼻唄を歌いながら 子供の頃を思い出します。
[PR]
by MUSUCARI | 2011-08-23 10:58 | ワイヤークラフト

「サルビア荘」 納涼夏祭りが終わりました。

今年もお世話になった 「サルビア荘 納涼夏祭り」が終わりました。

雨の天気予報どおり 午前中はパラついた雨も 夕方には不思議とあがって
涼しい夏祭りとなりました。


私達も お店びらき。
c0067118_1059543.jpg


食べ物ブースもたくさん出て、大規模なので有名な
ここの夏祭りには 入所のお年寄り、そのご家族はもちろん
近隣のご家族 いえいえ、かなり遠くからも お客さまが訪れます。

雑貨出展の私達のブースにも お小遣いを握り締めた子供達や
ご近所の奥様方、やお年寄りが お声をたくさんlかけてくださいました。

そうね、可愛いもの、綺麗なものに目を留めるのは 年齢なんて関係ない。
「昔、私も縫い物が好きでねえ♪」という会話も楽しい。


c0067118_1132898.jpg

華やかなサンバ隊も溢れるパワーで驚かせてくれました。
子供だけで編成される和太鼓軍団、「和楽」のみんなは
大事をとって屋内の演奏のため 写真が撮れませんでしたが 
子供とは思えないいい音に エキサイトするお年寄りも多数。
うーん、お年寄り 発散する時はしまっせ!

c0067118_1153651.jpg

櫓では 今年はゲスト、河内家菊水丸さんの唄に 盆踊りの和が広がりました。
テレビなどでは見ていたけど 実際に菊水丸さんの声を聞いたのは初めて。
さすが 場をなごませて 心地よくする達人ですねえ。
唄とストーリーに 「ほーー、なるほど!」 そりゃあみんな思わず聞き入ります。


そして・・・・


今年のMVPは

なんといっても

こちらの大物でしょう。


c0067118_1193611.jpg

お兄ちゃんお姉ちゃんたちがすくい尽くした「スーパーボールすくい」のたらいの中で
悠然とスーパーボール掴み。




去年に引き続き 参加させていただいて
みなさんの笑顔に 私達も 幸せなひとときでした。

これだけの夏祭りを毎年開催してこられた、所員のみなさんの努力と経験に頭が下がります。

私達の持っている「特別養護老人ホーム」というイメージを覆す若さとパワーと明るさ。
c0067118_11152032.jpg

(全員ご紹介したいぐらいのイケメン、美女揃い)

毎日の介護が この日一日拝見した楽しい一面だけではなく 体力と根気の日々だということは
もちろんですが、 みなさんの意気込みと気持ちをひとつになさっているからこそ出来る
大きな催しだと 勉強させていただく所ばかりの夏祭りでした。

私達も身の引き締まる思いです。
この会場に 寄せていただけることに心から感謝しています。
ありがとうございました。
そして・・来年も 呼んでいただきたーーーーい!



「特別養護老人ホーム サルビア荘」
[PR]
by MUSUCARI | 2011-08-22 11:21 | 業務連絡いたします

イタリアン

ぼん社長が 「イタリアン」といえば ここです。


c0067118_230998.jpg


「イタリア風 ごはんやさん  くるみ」



静かなJazzと 落ち着いたインテリア、 マスターとの紳士なおしゃべり。

厳選された材料は 「くるみ」さんではあたりまえです。

だから どのメニューを選んでも絶対に美味しいことは 間違いないのです。


今日ふたりが選んだのは 「タコと たっぷりネギの ペペロンチーノ」「カルボナーラ」

c0067118_2341325.jpg


「ガーリックはちょっと・・」というぼん社長も ここでのペペロンチーノは絶賛。
うん、ここのガーリックトーストなんて お気に入りなんです。
「カルボナーラ」は さすが、チーズが命。
上質の極みです。


部活と勉強に追われるぼん社長にとって 外食のチャンスは 貴重です。
「夏休みの間に くるみさんに行こうね」という約束が やっと叶いました。
いかにも満足そうな帰り道でした。
[PR]
by MUSUCARI | 2011-08-20 23:14 | 食べる

フラワー・アレンジメント

ちょっとしたご縁をいただいて

訪れた「白鳥城」で 初めてフラワー・アレンジの体験をしました。

c0067118_20244135.jpg







好きはお花を選ばせていただいて 

アドバイスを受けながら。


c0067118_2025876.jpg


教えてくださったのは 姫路市花田の「花小道」さん。

やさしく教えていただけて 楽しかったー。

ありがとうございました。



この濃い色のちらちら可愛いお花は 「ワレモコウ」というんだそうです。

「なんて可愛いんでしょ!」と、思わず・・・・


c0067118_203413.jpg





*今日のイベントにお誘いいただいて ご縁に感謝しています。
[PR]
by MUSUCARI | 2011-08-20 20:35 | お散歩