「ほっ」と。キャンペーン

<   2012年 02月 ( 15 )   > この月の画像一覧

メモ・バインダー

c0067118_16232720.jpg



今度はメモ用紙です。

サイズ   9.5cm × 13cm
用紙のサイズ   7.5cm × 10.5cm

メモ用紙には MUSUCARI BREEZE 手作りのハンコをスタンプしています。
一枚一枚 どんなスタンプが出てくるか お楽しみ。


* この作品は 2/29より 姫路市飾磨区 「おやつ工房 Torte」さんで。
[PR]
by MUSUCARI | 2012-02-28 16:28

革の印鑑ホルダー

c0067118_16593138.jpg



「デキるオトナなら 要るでしょ、これ。」

と言ったら言い過ぎですか?


印鑑を首からぶら下げるホルダーです。

これなら 同僚にちょっと自慢できたりしない?

フタが閉まるのと フタが無いのと・・・どちらでも あなたのご都合に合わせてお選びください。


今回は 一般的によくあるスタンプ印のサイズに合わせて作ってみましたが

印鑑にもいろんなサイズがあると思います。

オールマイティ・サイズは今後の課題とさせてください。



* 今日ご紹介の 印鑑ホルダーは 「PUUTEE cafe」さんで お試しいただけます。
  
[PR]
by MUSUCARI | 2012-02-27 17:06 | 牛革

革のキーカバ^-

いろいろ考えて やっぱりこの形にしました。


c0067118_23123012.jpg



キーカバーです。

ワンポイントのレースは もちろん手編み。

タマネギ染めの色です。




デザインを決めるときに 懐かしい作品が出てきました。

c0067118_23162452.jpg


もう6年ぐらい前のものでしょうか。

このデザインを最初に作った頃のもの。 

長い間私自身が使っていました。

隣の「K」は ぼん社長が3年間水筒につけていたもの。

ぼん社長はこの使い古した感じのほうが好きだと申します。

うん、好みが合うねえ。


彼曰く

「良い作品は 良い素材から。

素材が良ければ 使えば使うほどエエもんになる。」


はいっ、心して素材選びをいたします。



*この作品、姫路市広畑区「PUUTEE cafe」さんで 手にとっていただけます。
[PR]
by MUSUCARI | 2012-02-26 23:24 | 牛革

素敵なバスタイム

湯船につかって

「あー、極楽極楽・・・・・。」


c0067118_1172988.jpg



お気に入りのバス・グッズは いっそうのリラックスを呼んでくれます。


久しぶりに登場の 「さらしのバスマット」

ガーゼでもタオルでもなく、「さらし」というところが musucari流です。

その理由は 実際にお使いになると 納得。

きっとあなたも「さらしファン」に・・・・。



そして お友達手作りのせっけん

turnoverの「森コロン」を お湯に浮かべてのんびり。



あー・・・・美しくなったような・・・・・錯覚。



* 「turnover」さんについては 「ハチヨウビ」でも一部作品をお取り扱いしています。 
またはMUSUCARI BREEZEにお問い合わせいただけると わたくしが その魅力のヒミツについて 熱く語らせていただきます。

* 「さらしのバスマット」は ひと針ひと針 手縫いしているため、完成ペースがゆっくりになってしまいます。
ご予約を承っています。
[PR]
by MUSUCARI | 2012-02-25 11:22 |

「素敵な巾着」

c0067118_2140029.jpg


レースのモチーフをあしらった 巾着3点。

もちろんどれもモチーフは手編みです。  


右・・・チェコのレース糸
中・・・フランスのレース糸で編んだモチーフを タマネギ染め
左・・・チェコのレース糸で編んだモチーフを 黒豆染め

どれも本体は リネン、内布つき(ホワイト)。


16cm×13cmの小さな巾着。 
女性らしさを楽しんでください。
[PR]
by MUSUCARI | 2012-02-22 21:46 |

イカリ

c0067118_2025184.jpg


さる筋にお願いして 鉄のイカリを作っていただきました。


「あくまでも 粗野な感じ」で・・というお願いに

きっと首をひねられたことでしょう。


しかも 

「後々 錆びる 鉄」で。


そうです。

この作品は 何年もかけて 楽しんでいただきたいのです。

「錆び」を含めて。


これはもう、「時間まるごと」をあなたのものにしていただく・・と言っていいのではないかと思うのです。
[PR]
by MUSUCARI | 2012-02-21 20:08 | アイアン

トレイ

新作完成。

c0067118_151951100.jpg


このシリーズは いくつか並べると絵になります。

登場するシーンは あなた次第。


たとえば・・・


ダイニングで。

c0067118_15201787.jpg


セットのクロスはもちろんMUSUCARI BREEZEでコーディネート。



もちろんデスクでも・・・

c0067118_15203020.jpg



暮らしそのものを 自分らしくコーデイネートすると 毎日が 楽しくなるんじゃないかな。
[PR]
by MUSUCARI | 2012-02-20 15:22

季節の野菜

以前から このMUSUCARI DAYSで口にしていた言葉

「季節の野菜を旬に」。


c0067118_16442022.jpg



「もし、季節の野菜をその季節だけにいただく事が出来たらどんなだろう。」

我が家でよく話していたことです。


じいちゃんが年老いて、野菜づくりを断念してからは 

仲良くしてくださっているみなさんが 季節の野菜をおすそ分けくださっていました。

「○○さんの大根」「××のおっちゃんの白菜」・・・味の違いはもちろん 下さる方のお顔、

作った方の愛情まで いただけて最高の幸せです。

一度知ってしまった幸せって 忘れられないのが ニンゲン・・・?

野菜の本来の味を知ってしまうともう、それ以外欲しくなくなってしまうわがままな親子なのです、私たち・・・。

でもね、人さまのお気持ちに甘えてばかりでは・・・と手にはいるところを探していたんです。


今日、「キャスティ21 姫路」で開催された「べっちょない市」で

もしかするとその夢を叶えてくれるかもしれない方をみつけました。

今日のところは ほうれん草を購入、詳しくお話しをうかがってきました。



「夢工房」さん

直売場、レストラン、お教室もあるみたいです。


ここに行ってみたい!
[PR]
by MUSUCARI | 2012-02-18 17:02

「蛙山水」

お気に入りのギャラリー、「ルネッサンス・スクェア」に

「蛙先生」の絵が来る。


久しぶりに拝見したいな。

そう思って立ち寄ってみました。

そうすると なんてラッキーなんでしょ!

この光景です。


c0067118_18533963.jpg

「蛙山水」 / 石野善浩


ちょうど「公開制作」の途中でした。

味わうように 木炭で滑らかな曲線を描いている「蛙先生」の姿。


お声をおかけしたら 「ハチヨウビさん!」と思い出してくださいました。

この前おしゃべりしたのは 2年前の「姫路 クラフト・アートフェア」でした。

今日ここでお会いできるとは思ってもいなかったので 感激の再会。



全国各地のクラフト・フェアやギャラリーで 月と蛙の絵をご覧になった方が 

きっとさくさんいらっしゃると思います。

どこに居ても 大人から子供まで 優しく接してくださるので

そのお人柄も「蛙先生」と人気者なんです。



今日は ちょっと絵のことを教えていただきました。

私は絵を習った事もないのですが 気まぐれで目の前の物や風景を描いても

「眼で見えてるのに私が描くとどーしてこーなるの???」となります。

それが何故なのかを教えてくださいました。

そして 蛙先生も今も毎日練習を欠かさないんですって。

驚いている私に

「だって、スポーツだって音楽だってそうやん?

一日練習サボったら勘が狂うし 取り戻すのに何日もかかったりする。

絵も同じだよ。」

と 笑いながら話してくださいました。


お聞きしていると 

私にも 自分が楽しくなる程度になら 絵が描けるようになるかも・・・と思えるようになりました。



ルネッサンス・スクェアで開催の「蛙山水」

2012年2/11~2/26 (水曜休館)
am10:00~pm6:00

公開制作は
2/16(木)~2/19(日)
2/23(木)~2/26(日)
蛙先生の制作風景を見られます。
[PR]
by MUSUCARI | 2012-02-16 19:16 | お散歩

レースのコースター

c0067118_23161134.jpg



手作りがお好きな方との会話はとっても楽しい。

仲良くしてくださってる「ちぇこ屋」さんは コツコツと手編みをなさっています。

伺う度に 何かしら新しいものを編んでいらっしゃるんです。

それを見せていただくのが嬉しくて。

いろんなことを教えていただく会話が楽しくて。


作業の切れ間にふとそんなことを思い出して

私もレース糸を取り出しました。

小林亮二さんのグラスに似合うコースターが出来上がりました。



うん、作業の気分転換は やっぱり作ること。
[PR]
by MUSUCARI | 2012-02-14 23:25 | 編み物